【結論】大学生は英語を勉強したほうがいい話【3つの理由】

 

f:id:toko0510:20190712220201p:plain

 

こんにちは、ごっちゃんです。

 

「大学生も英語勉強したほうがいいのかなあ」

「英語を勉強するメリットや理由が知りたい」

 

こんな疑問についてお話します。

 

1. 大学生が英語を勉強したほうがいいです(3つの理由)

1.1 就職活動や、その後のキャリアの選択肢が広がるから

仕事の幅が広がります。

就職活動をするときは、会社が求める募集要項を満たしやすく

なります。大手日本企業だと、TOEICTOEFLなど英語試験の点数が、採用の1つの要

素になることが多いです。

 

また就職後、その会社で働く上でも、仕事の選択肢を広げることができます。

海外に進出している大手日本企業だと、社内教育の一環としてTOEIC受講が求められま

す。(現在僕が務める会社、知り合いの会社もそうです)TOEICの点数が〇点以上で

ある場合、1)昇進試験に加味される、2)海外転勤の候補者になれる というメリットが

あります。

 

とはいえ、「日本企業に勤める限り、通常の業務は日本語で行われるし、海外と関係

していない会社を選べば、英語勉強に注力しなくてもいいでしょ」という声もあると思

います。確かに、この意見は間違っていないと思います。

 

しかしながら、日本の国内市場が縮小しており、終身雇用も崩壊、リストラ解雇の波

が迫りつつある中で、今やっている仕事がこれからも残るかどうか分かりません。

自らの働く選択肢を狭めるのは大変勿体ないと思います。

 

以上より、就職活動や、その後のキャリアの選択肢が広げるために、英語の勉強をして

損はないです。

 

1.2 友達の数やバリエーションが増え、人生が豊かになるから

友達に広がりを持つことができるのも、英語を勉強した方がいい理由です。

人生が豊かになります。

僕も大学生のとき、英語勉強に注力し、以下の結果を得られました。

アメリカ留学⇒アジア出身の学生と仲良くなる

アメリカ留学後の観光案内アルバイト⇒韓国、中国出身学生と仲良くなる

いずれも、英語を勉強していなかったら得られなかった交友関係です。

様々な国、地域出身の人と仲良くなることで、こんな良いことがありました。

・新しい発見がある

・日常生活で新しい発見をしようという意識、行動が芽生える

・些細なことにも楽しめる

 

例えば、台湾出身の学生は「私が育った地域では、朝ご飯は屋台で食べることが多い」

ということを教えてもらいました。

 

僕の中では、朝ご飯は家で家族で食べるものという概念があったので、その概念が崩れ

ました。その結果、「朝ご飯=家で食べなくてもいい、そもそも朝ご飯って必要な

の?」と考えるようになり、朝ご飯の必要性を調べるという行動にいたりました。

 

とはいえ、「大学では北海道から沖縄まで全国から学生が集まるから、日本人同士でも

新しい発見があるんじゃないの?」という意見もあると思います。確かに新しい発見が

あることを否定しませんが、「へ~~~」と常識を覆されるようなレベルの新しい

発見が多いのは、出身国が違う人との会話の方だと考えます。

 

ですので、友達の数やバリエーションが増え、人生が豊かになりやすいと考えます。

 

1-3. 海外旅行を楽しめるから

 英語を勉強していると海外旅行を楽しみやすいです。

 

海外旅行に行くと、必ず現地の方とのコミュニケーションが必要になりますが、

英語を勉強していれば、完璧ではないにしろ、意志疎通を図ることができます。

これは僕の経験ですが、非英語圏(中国、韓国など)に行った場合でも、大都市であれば

英語でのコミュニケーションは可能です。

 

とはいえ、こんな声もあると思います。

「最近は技術の進歩で、翻訳機も大変充実している。英語のみならず、イタリア語、

ドイツ語など様々な言語に対応している。翻訳機のほうが意思疎通ができるのでは?」

 

これについては否定できません。翻訳機さまさまです。

しかし、ちょっと想像してみてください。

今、みなさんの目の前に海外からの観光客がいて、道案内を求められます。

観光客A:片言の日本語、英語を使い必死に道案内を求める

観光客B:翻訳機を使って、道案内を求める 

どちらの方が好感を持てますでしょうか。

僕が応援したくなるのは観光客Aです。

 

意志疎通が図りやすいのは機械ですが、人間は感情の生き物です。

「応援したくなる!好感が持てる!」というのは英語や現地語を使って、コミュニケー

ションを図る方だと思います。

 

ですので英語が出来たほうが、現地の方と友好的なコミュニケーションが図れ、結果、

海外旅行が楽しめると考えます。

 

 

 

 

【実体験から語る】こんな留学の目標の立て方はNGです(目標設定方法の話)

 

 

ãstudy abroadãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 


 

 

これから留学する方、今まさに留学中の方に書いた記事です。

「これから留学するけど、良い留学生活を送るため、どんな目標を掲げればいいの?」

「留学中は、その目標をどう意識すればいいの?」

「留学から帰国後は、どんな変化を感じられるの?」

 

このあたりをお話しします。

 

 

 1. 留学の目標に正解はないが、高すぎる目標にするのはやめよう

まず留学の目標には正解はないと考えています。

なぜなら人それぞれで留学の目的(ゴール)が違うからです。

 

当時の僕の周りでは、以下の目的を持った友人たちがいました。

友人A:英語力を上げたい

友人B:留学先の文化に触れたい

友人C:留学先で友達、人脈を広げたい

友人D:留学をすることで性格を変えたい

 当然、目的が違えば、目標も異なりますよね。

 

とはいえ、良い留学生活を送るためには、何かしらの目標設定ルールはあるはずと

思う方もいると思います。

 

僕の経験上、またメンタリストDaiGoさんも話していましたが、

「あまりに高い目標を立てないこと」だと思います。

 

例えば、これは僕の苦い失敗談ですが、

1年のアメリカ留学に行く前に、こんな目的&目標を掲げていました。

・英語が出来るようになるために、外国人相手に積極的にコミュニケーシ

ョンをする。

・内向的な性格を変えるために、外国人相手に積極的にコミュニケーショ

ンをする。

・就職したい分野の知見、人脈を広げるために、積極的に授業で発言をする。

 

ちなみに留学前の自分は、こんな感じです。

・授業で積極的に発言するタイプではなく、傾聴タイプ

・内向的な性格

・海外経験0のため、英語力というよりも英語に慣れる必要 

 

冷静になればわかりますが、

1年で性格や能力を大きく変えるのは難しい話です。

留学当初は、これまでの自分の性格や行動と大きく異なった目標を立ててしまったせい

で、自分に対しての苦しみが大きかったです。これでは本末転倒です。

 

この経験から、

留学の目標に正解はありませんが、自分の性格や行動と大きく違う目標を立てるのはや

めましょう。

 

2. 留学の目標ばかりにしばられたら、留学がつまらなくなる話

ここからは留学中の話です。

留学前に立てた目標にしばられすぎたら、留学生活が苦しくなり、つまらなくなりま

す。目標を修正し、いったん忘れることも大事です。

 

なぜなら、日々の留学生活の中で、調子のいい日・悪い日がありますし、生活を送る中

で、新しい発見があったり、目標が高すぎることに気づくこともあるからです。

 

例えば僕の場合、以下が留学に行く前の目標です。

・英語が出来るようになるために、外国人相手に積極的にコミュニケーシ

ョンをする。

・内向的な性格を変えるために、外国人相手に積極的にコミュニケーショ

ンをする。

・就職したい分野の知見、人脈を広げるために、積極的に授業で発言をする。

 

留学生活が始まった最初の数か月は、上記を意識し、行動をとってみました。

慣れないパーティに行ったり、色んな国の人とご飯を食べたり、授業で発言をするなど

です。

 

上記の行動は良いことだと思いますが、何か空回りしていることに気づきました。

なぜなら冒頭にも書きましたが、

「目標が高すぎる⇒行動⇒達成といえるレベルが遠い⇒焦る⇒行動⇒焦る⇒結論、気軽

に話せる友達ができず孤独⇒行動が取れなくなっていく」の繰り返しだったからです。

 

たとえるなら、「今年中に必ず彼女を作る」と言って、血眼に恋人作りに励む感じでし

た。当然、彼女は出来ませんよね(笑)

 

僕はここで、目標を以下に変えました。

 

・英語が出来るようになるために、まずは文化の近いアジア出身の人と

徐々にコミュニケーションをとり、英語を話す機会を作ろう。

 

・ 内向的な性格改善は一旦おいておいて、新しい人に声をかける癖を

作ろう。

 

・就職したい分野の知見、人脈を広げられたらラッキーぐらいの感覚で、

授業に臨もう。そして1日1回発言出来たらよしとしよう。

 

上記の通り、目標が現実的になりました。

そして目標は一旦忘れて、日々の行動、「今」に集中することにしました。

 

この結果、目標がぶれたり、気持ちがゆらぐこともありましたが、国籍問わず、徐々に

友達は出来てきて、良い留学生活だと思えるまでに

いたりました。

 

3. 帰国後の未来はこうなった

それでは帰国後の未来は、どうなったのか。

冒頭の自分の周りの人たちで見てみましょう。

友人A:英語力を上げたい⇒TOEICTOEFL点数アップ

友人B:留学先の文化に触れたい⇒大学の国際交流センターの一員として、体験のシェア

友人C:留学先で友達、人脈を広げたい⇒留学先でインターン後、帰国

友人D:留学をすることで性格を変えたい⇒新しい自分を発見

 ぼくの場合は、こんな変化がありました。

・英語力を上げたい⇒TOEIC点数アップ(980)、英語を話すことに慣れる

・新しく出会った人に声かけ⇒抵抗なくなりつつある

・授業での発言⇒抵抗なくなりつつある

 

劇的な変化はぶっちゃけありませんが、前に進んでいる感覚を持てました。

ですので成長することが出来たと感じています。

 

まとめますと、目標設定に正解はなく、自分がなりたい姿を描くことが大事ですね。

ただ、高すぎる目標設定は自分を苦しめる、目標に縛られていてはつまらなくなること

を頭に入れておくことが大切です。

【最新メンタリストDaiGoまとめ】考え方だけで怠け癖を撃退する方法【中途半端な人生卒業】


【やりきる力】考え方だけで怠け癖を撃退する方法【中途半端な人生卒業】

 

人間が怠ける理由の1つが考え方である。

仕事内容に応じて、細かいことに目を向けるか、

現実的でざっくりとした考え方、方向性で臨むのかを分ける必要がある。

1.始めればすぐ終わる仕事(いわゆる単純作業)

アンケート回答、感想文の提出、メール返信など、

始めればすぐに終わる仕事については、細かいことに目を向けたほうがいい。

A、B、C、Dと手順を分類したほうが行動は早くなる。

2.大きな仕事

英語学習、資格勉強、起業、プロジェクトなど、

長期的な取り組みが必要な仕事は

抽象的な考え方がいい。「○○か月後には、こうなっているだろう」など。

 

【最新メンタリストDaiGoまとめ】悶々とした人生からの脱出方法4つ

「やりたいことがあるけど、何か出来ない」

「なんかしなくちゃいけないけど、何をすればいいか分からない」

「なんだかなあ」と、人生に対してモヤっとした気持ちが

ある方、ご興味あればどうぞ。

 


悶々とした人生からの脱出法4選

 

仕事でもプライベートでも、

4つのポイントを満たせば、ある程度は悶々とした人生を脱出できる。

 

 

 

1.強みを生かして成長、前進している感覚を感じられるか?

 

なりたい自分になれているかも大事。

忙しく働いてある程度成功しても、忙しく働きたくないなら、なりたい自分ではない。

 

2.感謝している人、感謝される人がいるか?

「誰かに感謝しているか?」感謝⇒免疫力UP、寿命延びる、ポジティブ感情UP

「誰かから感謝されているか?」

人とのつながりをもたらす。

安定した人間関係が大事。友人の数よりも種類や質が大事。

 

3.頑張れば、ある程度何とかなると思えるか?

 物事は「完璧というよりは、7,8割は何とかなる」と思えることがポイント。

完璧を求めるのはNG。

 

4.他人と比べず、自分らしさを保てているか?

【最新メンタリストDaiGoまとめ】やりがいを感じる仕事の3つの条件とは

2019年3月アップロードのまとめです。


やりがい感じる仕事の3つの条件とは

「仕事に情熱感じていますか?」

仕事に情熱を感じられるかどうかは人生の満足度に関わってきます。

 

1.仕事に情熱、やりがいを感じるメカニズム

情熱を感じるから、仕事をするのではなく、

仕事をするから、情熱がわいてくるもの。

 

以下のメカニズムが働きます。

1)情熱を感じられるかの条件3つを満たしているかチェック。

2)仕事に取り組む。

3)情熱がわいてくる。

※仕事における努力量と、情熱は比例する。

 

2.情熱を感じられる条件3つ

条件1:努力ができる仕事か

条件2:「前に進んでいると感じられる」努力ができる仕事か

条件3:仕事に対して、選択権や裁量権があるか

 

3.まとめ

「天職」はたまたま見つかるもの。

条件をチェックしつつ、今の仕事をするのが大事。

 

 

【最新メンタリストDaigoまとめ】やる気の出る職場選びと部下をやる気にさせる方法【転職・就活生は必見です】

 

f:id:toko0510:20190602164450j:plain


0.おすすめの方

やる気と給料は相関しないので、高給でやる気が出るのは最初だけ。

一方で、同僚や上司の給料を含め、全員の給料をオープンにしたほうが

組織のモチベーションがあがるという研究もあり。「あいつに追いつこう」、「ヤバ

い、もっとやらなと」と思える。

 

社員のモチベーションを上げるために、社長が高級車を乗り回すのはNG。

モチベーションとは、湧き水のようなもの。

 会社を選ぶ側の人は、どんな職場ならモチベーションが高まるかを考えるのは大事。

 

2014年のロンドン大学の研究です。

部下のやる気を上げる方法6つの紹介です。

この6つが出来ている(いそうな)会社であれば、モチベーションは上がりやすいという

ことです。

 

1.組み合わせ

生産性の高い人と低い人を組み合わせます。ズルをしたりやる気のない社員は、生産性の

高い人の隣に座らせたり、組ませます。そうすると、自分がダメだということが認識できて比

較されている感覚からやる気がもどります。

 

2.エンゲージメントを高める(これ一番大事)

エンゲージメントとは、「目の前の作業に没頭しやすい環境」を指す。

テレビ局のような散らかった職場は、当然集中できない。

まずは、環境作りから始める。

 

そして上司が部下のエンゲージメントを高めるには、「有意義な仕事を与える、ちゃん

と評価する(給料の公平さ、自分の存在意義を感じられる評価)、一人前として扱うこと

(裁量権)」の3つが大事である。給料の高い低いはあまり関係ない。

エンゲージを高めることがマネージャーの大切な仕事である。2002年のメタ分

析でも、エンゲージメントを高めることが組織の成功と相関関係があることが分かって

いる。

 

ちなみにエンゲージメントを高める要因は、自分の性格が50%、環境(会社)が50%である。

全部を会社の責任にするのではなく、自分の性格を改善することも考えたほうがいい。

 

エンゲージメントを高める性格要因は以下の4つ。

レジリエンス、共感力アップにも必要な性格要因とかぶる。

・誠実性⇒作れる

・外向性

・メンタル安定性⇒作れる

・積極性⇒作れる

 

3. 上司が手本を示す

2005年の研究によると、部下に対して手本を見せる必要。

専門的な分野に関してはしっかりやる。専門以外に関しては、弱みを認め周りに頼る。

上司の生産性が高くないと、部下にも影響がでる。ゴマすりだけで、昇進させるのは

危険。部下側は「ああ、その程度でいいのね」と思ってしまう。

 

4.教育プログラムの充実

読書会など、倫理を語り合う内容がいい。マイケル・サンデルさんの「これから正義の

話をしよう」といった内容。慈悲の瞑想もあり。

引き寄せの法則の講師を招くよりも、倫理観を鍛えるプログラムがいい。

 

5.ずるをしにくい環境作り

ずるをするかは環境に影響される。

例えば、目の前に札束があると、ウソをつきやすくなる。

上司、部下間で仕事の進捗をシェアする、見える化をすることで、ずるを避けやすくな

る。自分がさぼっているのを認識するために、目の前に鏡を置いておくのもよい。

 

6. 組織の公平さ(透明さ)をアピール

2006年のメタ分析による。成果主義であることをアピール。

「何が評価されるか」をオープンにし、かつ「業績に寄与するものであるか」を考える

必要。

例えば、「会議に出席」は評価対象ではない。「いいアイディアを提案する」ことであ

るべき。

 

 

【最新メンタリストDaiGoまとめ】今すぐ転職すべき職場ランキングTOP7〜心身崩壊するブラック企業の特徴

2019年5月にアップロードされた動画のまとめです。


今すぐ転職すべき職場ランキングTOP7〜心身崩壊するブラック企業の特徴

 

フロリダ大学の研究(メタ分析)からです。

転職、就職する際の事前チェックリストにしてみてください。

もちろん、1個も満たしていないことがベストです。

 

7位.長時間労働

会社にいる時間が長いほど、体を壊しやすい。

 

6位.コントロール感の不在

仕事に対して、自分の意志で決めていない、やらされている感がある。

 

5位.役割があいまい

自分が会社の中で、どんな役割も満たしているかがあいまい。

「何をして、どういう成果を出せばいいのか」があいまいだと、疲労感がたまる。

当事者意識が大事とか言われるけど、経営者や上司がタスクを明確にしないことには

始まらない。

 

4位.作業負荷が高い

一時間あたりの労働量が多い。「時間がない感覚」が高まると疲労感が高まる。

 

3位.ネガテイブコミュニケーション

同僚などに嫌みを言われるなどのネガティブコミュニケーションが高まると、

不眠につながる。企業訪問したら会社の隅っこを見るべし。

 

2位.役割の衝突

上司Aには「企画書作れ」、上司Bには「会議出ろ」と矛盾した指令が出される。

消化器官の不調につながる。

 

1位.仕事の制限が多い

「やりたいけど、出来ない」という感覚が強い。人、お金、時間、情報がどうしても足

りず、行動にすら移せない。疲労感、消化器官の不調と相関している。