【結論】大学生は英語を勉強したほうがいい話【3つの理由】

 

f:id:toko0510:20190712220201p:plain

 

こんにちは、ごっちゃんです。

 

「大学生も英語勉強したほうがいいのかなあ」

「英語を勉強するメリットや理由が知りたい」

 

こんな疑問についてお話します。

 

1. 大学生が英語を勉強したほうがいいです(3つの理由)

1.1 就職活動や、その後のキャリアの選択肢が広がるから

仕事の幅が広がります。

就職活動をするときは、会社が求める募集要項を満たしやすく

なります。大手日本企業だと、TOEICTOEFLなど英語試験の点数が、採用の1つの要

素になることが多いです。

 

また就職後、その会社で働く上でも、仕事の選択肢を広げることができます。

海外に進出している大手日本企業だと、社内教育の一環としてTOEIC受講が求められま

す。(現在僕が務める会社、知り合いの会社もそうです)TOEICの点数が〇点以上で

ある場合、1)昇進試験に加味される、2)海外転勤の候補者になれる というメリットが

あります。

 

とはいえ、「日本企業に勤める限り、通常の業務は日本語で行われるし、海外と関係

していない会社を選べば、英語勉強に注力しなくてもいいでしょ」という声もあると思

います。確かに、この意見は間違っていないと思います。

 

しかしながら、日本の国内市場が縮小しており、終身雇用も崩壊、リストラ解雇の波

が迫りつつある中で、今やっている仕事がこれからも残るかどうか分かりません。

自らの働く選択肢を狭めるのは大変勿体ないと思います。

 

以上より、就職活動や、その後のキャリアの選択肢が広げるために、英語の勉強をして

損はないです。

 

1.2 友達の数やバリエーションが増え、人生が豊かになるから

友達に広がりを持つことができるのも、英語を勉強した方がいい理由です。

人生が豊かになります。

僕も大学生のとき、英語勉強に注力し、以下の結果を得られました。

アメリカ留学⇒アジア出身の学生と仲良くなる

アメリカ留学後の観光案内アルバイト⇒韓国、中国出身学生と仲良くなる

いずれも、英語を勉強していなかったら得られなかった交友関係です。

様々な国、地域出身の人と仲良くなることで、こんな良いことがありました。

・新しい発見がある

・日常生活で新しい発見をしようという意識、行動が芽生える

・些細なことにも楽しめる

 

例えば、台湾出身の学生は「私が育った地域では、朝ご飯は屋台で食べることが多い」

ということを教えてもらいました。

 

僕の中では、朝ご飯は家で家族で食べるものという概念があったので、その概念が崩れ

ました。その結果、「朝ご飯=家で食べなくてもいい、そもそも朝ご飯って必要な

の?」と考えるようになり、朝ご飯の必要性を調べるという行動にいたりました。

 

とはいえ、「大学では北海道から沖縄まで全国から学生が集まるから、日本人同士でも

新しい発見があるんじゃないの?」という意見もあると思います。確かに新しい発見が

あることを否定しませんが、「へ~~~」と常識を覆されるようなレベルの新しい

発見が多いのは、出身国が違う人との会話の方だと考えます。

 

ですので、友達の数やバリエーションが増え、人生が豊かになりやすいと考えます。

 

1-3. 海外旅行を楽しめるから

 英語を勉強していると海外旅行を楽しみやすいです。

 

海外旅行に行くと、必ず現地の方とのコミュニケーションが必要になりますが、

英語を勉強していれば、完璧ではないにしろ、意志疎通を図ることができます。

これは僕の経験ですが、非英語圏(中国、韓国など)に行った場合でも、大都市であれば

英語でのコミュニケーションは可能です。

 

とはいえ、こんな声もあると思います。

「最近は技術の進歩で、翻訳機も大変充実している。英語のみならず、イタリア語、

ドイツ語など様々な言語に対応している。翻訳機のほうが意思疎通ができるのでは?」

 

これについては否定できません。翻訳機さまさまです。

しかし、ちょっと想像してみてください。

今、みなさんの目の前に海外からの観光客がいて、道案内を求められます。

観光客A:片言の日本語、英語を使い必死に道案内を求める

観光客B:翻訳機を使って、道案内を求める 

どちらの方が好感を持てますでしょうか。

僕が応援したくなるのは観光客Aです。

 

意志疎通が図りやすいのは機械ですが、人間は感情の生き物です。

「応援したくなる!好感が持てる!」というのは英語や現地語を使って、コミュニケー

ションを図る方だと思います。

 

ですので英語が出来たほうが、現地の方と友好的なコミュニケーションが図れ、結果、

海外旅行が楽しめると考えます。